七夕のシステム

本オークションのシステムは、まず2日間の「一般プレビュー(下見展観)」で出品物を一般のお客様にご覧いただきます。3日目の「入札会」では、委託を受けた組合加盟の古書業者がお客様の希望価格で代理入札し、最高値をつけた方が落札する、というものです。
本オークションでは、古書の専門家がお客様のご相談にきめ細やかに応じますので、値段をどうつけたらいいのかわからない初心者の方でも、安心して入札価格を決めていただけます。
一般の方は8日の「入札会」にはご入場いただけません。

一般プレビュー(下見展観) 入場無料

目録掲載品は全品手にとってご覧いただけます。お気軽にご来場ください。
【日時】一般プレビュー(下見展観)
  7月6日(金)午前10時〜午後6時
  7月7日(土)午前10時〜午後4時

ご注文について

お気に召した品がございましたら、全国古書籍商組合連合会(「日本の古本屋」)加盟の古書業者へご相談、ご注文ください。ご指名いただいた業者が入札を代行いたします。双方にて協議、ご納得の上、入札をご依頼ください。

入札価格について

今年度の七夕古書大入札会は「入札最低価格」表示を行いません。入札取引価格は以下の通りとなります。
一口:5万円以上
   但し、額・幅・嵩物は10万円以上 屏風は30万円以上

納品について

落札された品は、入札代行業者よりお客様に納品いたします。その際、落札価格の10%程度の手数料を申し受けます。

※ご注意 当サイトの写真は品物の状態を保証するものではございません。現品をご自身、もしくは入札代行業者により、お確かめ下さい。